電話する

地図

問い合わせ

メニュー
ヘッダーオファー

花粉症で高まる歯周病のリスク

2017年4月7日

こんにちは。衛生士の富島です(#^^#)

今年はスギ花粉飛散量は、昨年の2~3倍とも言われているようです。

こういった悪条件が重なり花粉症でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

花粉症の症状は人それぞれです。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった症状が特に有名ですね。

実は、この花粉症は歯周病とも関係があると言われています。

花粉症の主症状である鼻水、鼻づまり…これはお口の環境を悪くする原因になります。

鼻がつまることで口呼吸することが多くなると、お口が乾燥してしまうのです。

また、花粉症のお薬には唾液を少なくしてしまう副作用があるためさらにお口の中が乾燥します。

お口の乾燥は口腔内細菌が繁殖しやすい環境をつくり、歯垢(プラーク)が付きやすくなるので、

いつも通りの歯磨きをしていても磨き残しが多くなってしまいます。

その磨き残しのプラークを放っておくとやがて歯石になり、

歯肉が炎症をおこし歯周病となるのです。

花粉症の方はこの時期、より一層口腔環境を正常に保つよう気を付けたいですね。

なお、歯が原因の蓄膿症(鼻づまりなど)もございますので気になる方は当院へご相談ください。

 

<< 前のページに戻る



診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0791-61-8811へ

診療時間
09:30〜13:00
14:00〜18:30
休診・・△ 土曜日は9:30~15:00まで
休診日:日曜日・祝祭日
ご予約・お問い合わせはこちら
歯科医院の外観
フッターオファー
© 2019 すみおか歯科口腔外科